So-net無料ブログ作成

岡崎聡子 入れ墨 画像 組長 [事件]

スポンサーリンク


岡崎聡子 入れ墨 画像 組長 とは一体・・・?


体操の元オリンピック選手の岡崎聡子容疑者が、再び逮捕されました。
今月6日に東京都杉並区の自宅アパートで同居する男とともに
薬物0.5gを隠し持っていた疑いがもたれていているようです。


岡崎聡子 画像
岡崎聡子


岡崎聡子容疑者は、1976年、当時15歳の時、
モントリオール・オリンピックに体操選手として出場して有名になりました。


体操を引退した後は、薬物を使用したなどとして、5回も有罪判決を受けています。


1回目の逮捕は、1995年で、社内から薬物が発見されて逮捕。
2回目の逮捕は、1回目の判決が出た5日後、ロッカーに隠してあった
薬を取りに行き再逮捕。
3回目は2000年、4回目は2005年、5回目は2009年と逮捕された
常習犯だったようです。


岡崎聡子容疑者は、以前に薬で逮捕された酒井法子さんについて
「酒井法子もやめられない・・・」と語り
岡崎聡子容疑者がその止められない中毒性について語っていた矢先の
逮捕となりました。


岡崎聡子さんは組長との交際なども噂されていましたし、
入れ墨も入っているなどといった噂まで広まっていました。


入れ墨の画像は、現在は発見することはできませんが
岡崎聡子容疑者の犯行や経緯をみていれば
入れ墨どころの騒ぎではありませんね。


過去にオリンピックに出場した華々しい実績がありながらも
なぜこのような人生を歩むことになってしまったのでしょうか?


岡崎聡子さんのプロフィールについて調べてみました。


高校在学中の1976年に全日本体操競技選手権大会、
NHK杯体操選手権に出場、優勝を果たし一躍注目されることになります。


そして五輪代表選手としてモントリオールオリンピックで団体8位、
個人総合30位の成績を残しました。
体操引退後はタレントに転向したようです。


タレントに転向した後に手を出してしまったのでしょうか?
芸能界が岡崎聡子容疑者の人生を狂わせたのでしょうか?


あまり明かされてはいませんが、
スポーツ選手の引退後というのは意外と苦しい生活が待っているともいわれます。


超スター選手だったら引退後も活躍できるようですが、
引退後の人生はあまり順風満帆ではない選手も少なからずいるようです。


タレントに転身してもオファーが無かったり、
他の事業に転身してもうまくいかないケースもあるようです。


岡崎聡子容疑者は、それとは一線を画する犯罪に手を染めてしまったようですが、
本当に残念でなりません。


岡崎聡子 入れ墨 画像 組長 についてでした。

スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。